〒583-0884 大阪府羽曳野市野66-2
TEL 072-952-1332

三松会

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

令和元年7月 行事食

七夕行事食


皆さま、今年の七夕は短冊に願い事を書かれましたでしょうか?
三松会では、利用者皆様が今年も短冊へと願いをしたため笹へと飾りつけました。
今年の七夕は晴れましたのできっと皆様の願いも届くと思います♪




今年の七夕イベント食は7月8日でした♪
栄養士さん特製のお品書きに利用者様方も「かわいいね」と笑顔がこぼれていました。


 


行事食は、そうめんがメインでとても涼し気でした♪
七夕をイメージしたゼリーも「可愛くて美味しかった」と、利用者様方にも好評でした☆彡
(右の写真はキザミ対応の形態食です)


今後も三松会では、皆様に喜んで頂けるメニューを日々提供して行きます♪


 

2019-07-16 10:03:55

令和元年7月 内部研修(職業倫理)

福祉職の職業倫理 について


令和元年7月3日に内部研修を行いました。
今回行った内容としては『倫理について』『チェックリストの確認』を行いました。


はじめに『倫理について』の総論部分の説明をしました。
全職員意識をして日々の業務を行っていましが、再度全体で意識の統一を行いました。


 


続いて全157項目あるチェックリストの確認を行いました。
今回特に見落としやすい項目を埴生の里でピックアップし、三松会職員で共有を行いました。

今回行ったチェックリストで、自身が見落としそうになる箇所を見つけることができ、

全職員が倫理を理解して業務に取り組めば、入居者様・利用者様がより過ごしやすい環境を

作りだすことができます。

各々意識を持って入居者様・利用者様の為に頑張っていこうと思います。

2019-07-05 10:14:08

令和元年6月 総合避難訓練

「避難訓練」を実施しました。


6月17日、午後2時より日中、厨房から出火したとの想定で避難訓練を実施しました。

実際に火災が発生した場合、入居者様・利用者様の安全を確保しながらどのように避難をするか、

マニュアルの再確認など問題意識を持って各職員は取り組みました。



1階厨房より出火したとの想定で館内アナウンス。

アナウンス確認後、入居者様・利用者様を誘導します。


  

グループホームたんぴ野、特別養護老人ホームたんぴ野、小規模多機能ホームたんぴ野は、

各ユニットで協力しながら安全な場所に避難します。





1階、埴生の里は非常口から東側空地へ避難誘導。


三松会では定期的な訓練を行っています。

人命を第一に安全かつ迅速に避難できるように普段から心掛けて行きます。

2019-06-19 17:02:29

令和元年6月 永年勤続表彰

永年勤続表彰






大阪府社会福祉協議会 施設部会より3名の職員が8年間勤務表彰に該当することで

表彰を授与されました。

これからも10年15年と尽力していただけることと思います。

おめでとうございました。

2019-06-11 11:10:41

令和元年6月 内部研修(接遇)

「接遇やマナーズの重要性」について


令和元年6月5日に内部研修を行いました。

今回は、接遇委員会主催で『マナーズとは?』『笑顔の重要性』を中心とした内容です。



■マナーとマナーズの違いについて(講義)

 ☆マナー

   方法、やり方、手段

   型をさしているものがマナー、その場限りのもの、心のないもの

 ☆マナーズ

   自分自身の内面にあるものを、相手に失礼にならないように伝えること

   日常生活に取り入れ生活習慣にする


           

■笑顔の重要性について(講義)

 ・自分も相手も明るい気持ちになる

 ・自分との距離感、人間関係の良好さに繋がる

 ・場の雰囲気が良くなる

 ・安心感を与える

 ・免疫力をアップさせる

 ・ストレス解消に繋がる   など。


          

■笑顔・挨拶・立ち方座り方などについて(実技)

  

  

二人一組になり、お互いの印象を確認しながら行いました。

口角を上げる一番の練習方法は、『ウイスキー』と言うことです。自然と笑顔が溢れます。




研修自体も和やかな雰囲気となり、とても充実した内容となりました。


三松会では、『たんぴ野を笑顔あふれる施設にしたい!』を目標に、日々の業務や

委員会活動に取り組んでいます。

今回の研修を活かし、より良い環境作りを目指していきます。

2019-06-07 17:05:38

令和元年5月 ふれあいバザー

「ふれあいバザー」を開催しました。


令和元年5月25日(土)、2年に1回の「ふれあいバザー」を開催しました。

当日は、たくさんの家族様も参加され入居者様も大喜びの一日となりました。


  

模擬店を出店し、その種類は、綿菓子、射的、ミルクせんべい、的当て、ジュース、ヨーヨー釣り等々。

午前中だけの短い時間でしたが、普段とは違った雰囲気を楽しんでもらうことが出来ました。

バザーや模擬店の様子は、各事業所のブログにアップしています。

今年は、新しい行事にどんどん取り組んでいきますので楽しみにしてください。

その様子を都度ブログにアップしていきます。


                          三松会 全体行事委員会

・埴生の里 ブログはこちら

・特別養護老人ホーム たんぴ野 ブログはこちら

・小規模多機能ホーム たんぴ野 ブログはこちら

・グループホーム たんぴ野 ブログはこちら

2019-06-04 09:47:37

令和元年5月 行事食

子供の日の行事食


皆さま、今年は10連休と長いGWでしたがいかが過ごされましたでしょうか?

たんぴ野のこどもの日の昼食は、毎年恒例のオムライスになっています。


   

 (右の写真はお粥の方でリゾット風になっています)

行事食の時は、栄養士さんが特別なメニューにかわいいお品書きを添えて提供してくれます。

間食は、ねりきりでアヤメの形となっています。


        

皆さん、昼食も間食もとても喜んで食べておられました。


1階エレベーターホールには兜を飾っています。


        

入居者の皆さんも兜の前で写真を撮ったりされ季節を感じられていました。

アッと言う間にGWは終わってしまいました。

次は、5月25日にバザーを開催する予定です。

皆様、是非ともお越しください。職員一同お待ちしています。

2019-05-10 11:31:43

令和元年5月 内部研修(事故)

「事故発生、再発防止・緊急時の対応」について


令和元年5月1日に内部研修を行いました。

平成30年に発生した事故の分析と再発防止への取組みについて、事業所ごとに発表を

行いました。


   

発表された内容について、職員は自身の事業所に置き換えて考える機会となりました。


最後に、事故防止対策委員長より

1件の重大な事故の裏には29件の軽微な事故と300件のヒヤリハットが発生している。

事故を減らしていくためには、職員のヒヤリハットの気づきを共有していくことが重要であり、

事故の発生を未然に防ぐ為、カンファレンスを積極的に行っていくこと。

職員一人一人がヒヤリハットへの意識を高く持ち、意見交換をしながら利用者様が安心して

生活できる環境を作っていくこと。との発言がありました。


事故防止対策委員長よりの発言を受けて、今後も事故に対して真摯に向き合い、事故を未然に

防ぐ気づきの部分の活性化と再発防止に向けてのマニュアルの見直し・カンファレンスを行い、

入居者様・利用者様の安全を確保できるよう業務に励んでいきます。

「令和」の幕開けに充実した内部研修会を行うことができました。

2019-05-08 10:03:09

平成31年4月 内部研修

【入居者様の体調の変化の発見及び対応方法】

について内部研修を行いました。




高齢者に多い病気、症状と異常の早期発見に繋げる気付きのポイントとして

以下についてまとめ、研修を実施しました。

  ・異常の早期発見、対応のために記録と報告、情報の共有化
  
  ・発熱、悪心、嘔吐、下痢、脱水に対しての原因、対応ポイント

  ・事例により個々に感じた事の意見交換


     

今回の研修で、入居者様の何げない日常を職員が当たり前にせずしっかり把握し、

職員間で共有し、早期に異常に気付くこと、また、適切な対応をすることの重要性を

再度確認しました。

又、施設内の事例を元にデイスカッションを行い、バイタル値以外で入居者様の異常に

気付くにはどのように観察を行い、どのような対応をすべきなのかを話し合いました。

その結果、普段の日常を当たり前にせず、気付きを記録等により共有する事が重要だと

言う事を参加した職員全員が再認識しました。

勉強会を機に再度、安心して暮らせる施設を目指し、職員一同頑張って行きます。

2019-04-10 09:32:48

平成31年3月 内部研修

       内部研修 人権・身体拘束廃止委員会

       ~平成30年度の活動の振返り~




今回の内部研修では、各事業所から1年間で取り組んだ内容の発表を行いました。


利用者様への関わり方について、職員同士で工夫しながら取り組んできた内容を、

参加した職員は熱心に聞いていました。




課題は事業所ごとに違う部分はありますが、職員間での連携の大切さと、利用者様の

目線に立って支援していくという部分は共通するということを再認識する機会となりました。




これからも、事業所間でのアイディアを出し合いながら、利用者様が笑顔で過ごして

いただけるような環境づくりを行っていきたいと思います。


  

2019-03-12 10:06:48

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4