〒583-0884 大阪府羽曳野市野66-2
TEL 072-952-1332
トップページ»  ブログページ»  三松会»  令和元年6月 内部研修(接遇)

令和元年6月 内部研修(接遇)

令和元年6月 内部研修(接遇)

「接遇やマナーズの重要性」について


令和元年6月5日に内部研修を行いました。

今回は、接遇委員会主催で『マナーズとは?』『笑顔の重要性』を中心とした内容です。



■マナーとマナーズの違いについて(講義)

 ☆マナー

   方法、やり方、手段

   型をさしているものがマナー、その場限りのもの、心のないもの

 ☆マナーズ

   自分自身の内面にあるものを、相手に失礼にならないように伝えること

   日常生活に取り入れ生活習慣にする


           

■笑顔の重要性について(講義)

 ・自分も相手も明るい気持ちになる

 ・自分との距離感、人間関係の良好さに繋がる

 ・場の雰囲気が良くなる

 ・安心感を与える

 ・免疫力をアップさせる

 ・ストレス解消に繋がる   など。


          

■笑顔・挨拶・立ち方座り方などについて(実技)

  

  

二人一組になり、お互いの印象を確認しながら行いました。

口角を上げる一番の練習方法は、『ウイスキー』と言うことです。自然と笑顔が溢れます。




研修自体も和やかな雰囲気となり、とても充実した内容となりました。


三松会では、『たんぴ野を笑顔あふれる施設にしたい!』を目標に、日々の業務や

委員会活動に取り組んでいます。

今回の研修を活かし、より良い環境作りを目指していきます。

2019-06-07 17:05:38

三松会